ネット不倫の関係とセフレ

ネット不倫の関係とセフレ

君と初めて出会ったのはいつだっただろうか、初めてアプリで絡んだのは覚えてるだが。
君と初めての会話はこうだったね、不倫の話だったね。
お互い不倫関係に憧れている、そんな話だったね。君は私と同じような考えをして親近感が湧いた。そんな君に私は好きという感情が出てきた。すぐにアプリだけではなく、リアルで会ってみたいなそんな気持ちが増してきたのだ。そんな気持ちをアプリで直接聞いてみることにした。君も喜んでその提案を受け入れてくれた。
直接あって私の見る目は間違っていなかったと確信した。君はとても美人だった。君が私にどんな気持ちがあったのかはわからない。しかしその日に私達は不倫関係になった。
君は今までの女とは違う魅力を持っていた。それはもちろん身体だけではない。声、匂い、仕草全て計算されている大人の様な感じだった。あのアプリになんでこんな女がいたのだろう、当時は不思議だった。
そしていつの日だったか君が私にこんな話をしてきた。私は実はあのアプリのただの利用者ではない、アプリの責任者から彼に話しかけなさい、そういう風に指示されたの。アプリの責任者とは一体誰の事なのか未だにその答えを知ることはできない。その事を話してから君は私にその姿を見せていないからだ。
私との不倫に飽きてしまったのか、理由はわからない。
ある日妻にこう言われた。最近帰りが早いのねあれだけ遅かったのに。そうね、あなたも結構歳をとったんだもんね。
千葉 20代 学生 男


ホーム RSS購読 サイトマップ